ブログ
VR

猫のボウルを1週間洗わないと、ぼろきれよりも細菌が多くなります.正しいクリーニングを見つける

8月 05, 2021

猫のボウルは 1 日 1 回、きれいな水だけでなく、ブラシと洗剤を使って掃除する必要があります。

毎日の清掃に加えて、消毒も週に1回行う必要があります。 1:50の漂白剤溶液を使用して、フードボウルと水ボウルを1分以上浸し、完全に洗い(洗わないと中毒になります)、乾かしてから猫に与えます.この方法は、長い間掃除されていなかったフードボウルやウォーターボウルにも適用できます。

推奨クリーニング時間:

ドライフードを入れた猫のボウル:毎日夕食後に猫を洗います。

ウェットフードを入れた猫のボウル:毎食後に猫を洗います。

水を入れた猫のボウル:毎日洗ってください。

注意すべきことは、洗剤を洗い流した後、残留物を避けるために水道水を数回使用することです.

しかし、排泄物処理担当者の多くは、自動水飲み場を使用しています。自動水飲み場も毎日掃除が必要ですか?

自動ウォーターディスペンサーは流水を供給し、バイオフィルムの形成をある程度防ぐことができますが、細菌の増殖はまだあります.実際に使用している自動給水器の場合、フィルターエレメントを使用していても、分解洗浄の度にウォーターポンプ周辺に生臭さ(アミン化合物が蓄積している可能性があります)が発生し、目に見えないバクテリアが発生します。

少なくとも 3 日ごとに水を交換し、同時に完全に洗浄することをお勧めします。

食器を洗って「重曹」を食べる。猫のボウルに毎回重曹と塩を少々ふりかけ、ぬるま湯に3分ほど浸します。

ペットボウルの完全な洗浄は、水で行うことはありません。通常の食器と同様に、ペットの食器も洗剤に浸し、手で洗い、水ですすいでください。


基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
Pilipino
ภาษาไทย
bahasa Indonesia
русский
한국어
日本語
italiano
français
Español
Deutsch
العربية
現在の言語:日本語